モンクレールダウンジャケチEの選び方【男性編、E class=

はじめに

普通EダウンジャケチEでは垢抜けて見えづらい

最近E良ぁEザインのダウンジャケチEも増えてきましたが、一般皁EダウンジャケチEは防寒性に重きをおぁEおり、基本皁EシルエチEは太く丸くなり、見た目がE張して見えてしまぁEす、E/p>

さらに、E寒対策として厚手のインナEを着こEことを老Eて普通よりワンサイズ大きめを選ぶことが多く、ただでさえ太めEシルエチEが、さらにボリュームがEて大きく着膨れする状態になるEで、イマイチな感じに見えてしまぁEEです、E/p>

また、E寒性を重要視する目皁EEため作られたもEなので、外見EダウンパックのチEボコによりカジュアルな感じが否めず、垢ぬけて見えなぁEEです、E/p>

モンクレールのダウンジャケチEは羽織るだけでサマになめE/h3>

琁Eは後述しますが、モンクレールのダウンジャケチEは羽織るだけで垢抜けて見えます。もちろん防寒性も高いため多くの人がモンクレールのダウンジャケチEに憧れを抱くEは当然かもしれません、E/p>

改めて学ぶモンクレールのダウンジャケチEの良ぁE/h2>

改めて学ぶモンクレールのダウンジャケチEの良ぁE width=

今ではおしめEなダウンジャケチEが増えてきてぁEすが、やはりダウンジャケチEの王老EEモンクレール。その琁Eは徹底した洗練さと、E化によって支えられてぁEす。ここではそE一つ一つをE類してなぜモンクレールのダウンジャケチEがおしゃれに見え、数あるダウンジャケチEブランドE王老Eして君EできてぁEかにつぁE刁EしてみましょぁEE/p>

良さその1.高い防寒性

モンクレールのダウンジャケチEで最も認知されてぁE点としてはそE防寒性。最高品質のダウンを使用してぁEので、極寒E地でも耐えることができるレベルの防寒性です。ダウンが豊富に使われてぁE一方、E量Eすこぶる軽ぁEEで、E時間着てぁEも体に負拁EかけづらいつくりになってぁEす、E/p>

後で説明するシルエチEが綺麗な琁Eと重褁EるEですが、薄手でも暖かいため、ダウンジャケチE独自の着ぶくれもなくすっきりとしたシルエチEが実現できます、E/p>

進化とぁE点で言及すると、昨今EモチE以前に比べて全体的にスマEトなシルエチEを実現しておりますが、E寒性は以前と同じかそれ以上とぁEモチEも。様、E技術を取り入れることで以前に比べて薁Eに見えてぁEとしてもしっかりと防寒ができるようになってぁEす、E/p>

良さその2.ダウンジャケチEなのに綺麗なシルエチE

モンクレールのダウンジャケチEがおしゃれに見える要因はぁEつもありますが、その一つがシルエチEの綺麗さです。ダウンジャケチEにもかかわらず全体的に細く、着めE効果があり、シルエチEを綺麗に見せる作りになってぁEため、一般皁EダウンジャケチEと違いすっきりして見え、結果スタイルよく見えます。また、ダウンジャケチE特有EダウンパックのチEボコもそこまで目立たなぁEくりになってぁEため、E暮ったさがEにくいつくりになってぁEす、E/p>

ダウンジャケチEなのに綺麗なシルエチE
出典EEa href="http://wear.jp/horikunnu02/coordinate/2815323/" target="_blank">http://wear.jp/horikunnu02/coordinate/2815323/

現在ではビジネスでも使ぁEすいダウンジャケチEをリリースするなど、山登りなどのアウトドアに使われてぁEもEとは一線を画してぁEす、E/p>

良さその3.上品さあふれる素杁E/h3>

それまでのダウンジャケチEはカジュアルさが強ぁEイロン素材が多用されてぁEした。その一方でモンレールはシャイニEナイロンめEEチEナイロンなどの上質かつ、E級な素材を積極皁E用ぁEおり、ダウンジャケチEにも関わらず、上品な印象を持たせてぁEす。RETHELなどはスーチEE上に羽織っても違和感なくワンクラス上E雰囲気に仕上がります、E/p>

また、上質なウール素材など常に新しい素材に挑戦してぁEのもトチEEブランドであってもチャレンジし、多くの人の忁E掴んでぁEのです、E/p>

上品さあふれる素杁E width=

選ぶ上での3つのポインチE/h2>

モンクレール良さを知ったうえで、Eび方のポイントを紹介します。モンクレールは長ぁE使える高品質なダウンなので、ここでは「短期間の流行を追った着こなし」を老EるEではなく、「長ぁEオシャレに着る」ことを目皁Eしたポイントです、E/p>

そE1.細身のシルエチEを作るためにジャストサイズを選ぶ

一番重要なポイントですが、スタイリチEュにダウンジャケチEを着こなすには細身のシルエチEであることが大前提です。そのため、サイズはジャストサイズを選びようにしましょぁEなぁE合Eワンサイズ小さぁEのがおすすめ。サイズにつぁEは実店Eで着てみるかこちらEペEジを参老Eしてください、E/p>

細身のシルエチEを作るためにジャストサイズを選ぶ
出典EEa href="http://wear.jp/stiaattento/coordinate/3349262/" target="_blank">http://wear.jp/stiaattento/coordinate/3349262/

インターネットE店Eでたまに売りたぁEために「ちめEとサイズが違ってぁEも大丈夫」などと記載されてぁEショチEEもありますが、Estrong>サイズが合わなぁEせっかくの高価なダウンジャケチEがイマイチに見えまぁE/strong>。ジャストサイズかワンサイズ小さぁEのを選びましょぁEインターネットショチEングで購入を老EてぁE人でサイズが不安な人はサイズ変更を受け付けてくれるショチEEを選びましょぁEE/p>

そE2.防寒性は気にしなくても大丈夫

防寒性は気にしなくても大丈夫

シルエチEが細くても防寒性が確保できなぁE冬のアウターとしては使えません。安くて見た目だけEダウンジャケチEは防寒性が低いもEが多いのが事実です、E/p>

一方、モンクレールのダウンジャケチEなら気にしなくても大丈夫。とぁEのも使用してぁE羽毛EキャトルフロコンE最上級)Eフェザーなので防寒性の忁EEは無用です。中は薁Eで良ぁEEで中に着こEためワンサイズ大きめのもEを選ばなくてよいです、E/p>

そE3.色は黒かグレー、ビジネスなら紺もアリ

色は黒かグレー、ビジネスなら紺もアリ

長ぁE使ぁEとを老EるEであれば、流行に左右されなぁEEグレーあたりがおすすめ。さらにどのようなコーチEネイトでもあわせめEく、色による締まった雰囲気を出せますEで着痩せ効果も期征Eきます、E/p>

ビジネスで使ぁE合E主張し過ぎなぁEーチEE定番色の紺・グレーがおすすめ。紺めEレーとぁEたスーチEE定番色はさまざまなスーチEジャケチEとの相性も良く使ぁEすいです、E/p>

ビジネスなら紺

さらにスマEトに見せるためEチEニック

細身のパンチE合わせよぁE/h3>

綺麗なシルエチEを目持Eのであれば、細身のパンチE合わせることをおすすめします、E字型のシルエチEを作ることができるので、スマEトに見えます。ダウンジャケチEEデニムはアメカジの定番スタイルなのですが、太目のチEムだとあまり垢抜けて見えません、E/p>

細身のパンチE合わせよぁE width=
出典EEa href="http://wear.jp/6554/coordinate/5124218/" target="_blank">http://wear.jp/6554/coordinate/5124218/

スタイル良く見せるなら前を開ける

ダウンジャケチEは防寒着なので前を閉めるEは当たり前ですが、あえて前を開けるとぁEチEニックもあります。これによりインナEがダウンジャケチEの中から見え、メリハリが生まれ縦長効果をもたらすことができます。ただ、すべてのモチEが前を開けてぁEわけでなく、前を開くとシルエチEが大きく庁EってしまぁEチEはこE限りではありません、E/p>

スタイル良く見せるなら前を開ける
出典EEa href="http://wear.jp/fxstb1584cc/coordinate/3503788/" target="_blank">http://wear.jp/fxstb1584cc/coordinate/3503788/

マフラーめEトEルを使ぁE/h3>

マフラーめEトEルは防寒Eためでもありますが、それ以外にも目皁EEあります。ロングマフラーを長く垂らして縦長効果を狙ったり、E周りにまとめてボリューム感をもたせることで、子顔効果を狙うとぁE方法もあります。EフラーめEトEルはカジュアルなもEでなく、シンプルなロングマフラーを選ぶのがEイント。大判ストEルなら高いもEから安いもEまで様、Eすが、おすすめEファリエロサルチEのストEル。少、Eは張るEですが、E品質かつ上品なもEが揃ってぁEので、見た目でも大きく差がEます、E/p>

ファリエロサルチEのストEル

上質なストEルとぁEばこEブランドが一番に出てくる人も多いのでは。極上E肌触りと使ぁE手E良さも相まって全体的なリチEさE底上げに使えます。いろいろな色があるEで柁EでもいぁEど1枚目は無地の大判を選べばまちがいなし、E/p>

おすすめの2015年モチE

ビジネスとして使ぁE合EおすすめのモチEERETHEL

ビジネスダウンのポイントE「ジャケチEがEみ出なぁEさ」と「主張し過ぎなぁE上質な色」E2点を抑えましょぁEE/p>

ダウンジャケチEの長さにつぁEですが、ビジネス用であればスーチEジャケチEの上から羽織るため、裾の絞られた丈E短ぁEのは避けましょぁE短ぁEのだとスーチEジャケチEなどの上着がEみ出てしまぁEす。長さE上着が隠れるぐらぁEE丈を選びましょぁEE/p>

色につぁEはスーチEE定番色の紺・グレーを選びましょぁEこれらは、主張しすぎなぁEど上質な色なのでビジネスシーンにマッチしめEぁEEです。さらにスタイリチEュに見せるには、上品さとリチEさがあれば完璧。これらは素材で補います、E/p>

以上E条件が揃ったアイチEはRETHEL。表地は上品なマットナイロン素材なので、上品さに加えリチEさも持ち合わせております。小顔効果で全体的にバランスの良くなるファー付きのフEドE取り外しができるのでビジネス時にはフEドを外して使ぁEEライベEト時にはフEドをつけてリチEさE底上げに使ぁEぁE方法も。難点は高いこと。ただ、E0年着ると老EれEそんなに高くはなぁEEかも、E/p>

RETHEL 定価EE80,000冁E/p>

普段着で使ぁE合EおすすめのモチEEMAYA/MONTGENEVRE

極寒E冬を乗り刁Eために普段使ぁEEアウターとしてダウンジャケチEを老EてぁEのであれば、Ea href="?../item/mens/MAYA.html">MAYAぁEa href="?../item/mens/MONTGENEVRE.html">MONTGENEVREがおすすめ、EAYAはもうすでに趁E番なのですが、普段着に羽織るだけでスタイルが決まるだけでなく暖かさも確保できる優れもの。雪山でも使えるぐらぁEE防寒性なので冬の旁Eにだって問題なし。シルエチEもきれいですし、定番と呼ばれるもEにはそれなりE意味があります、E/p>

MAYA 定価EE64,160冁E/p>

シンプルな着こなしを意識したいのでシャイニEナイロンの艶具合がどぁE。。。とぁE人はMONTGENEVRE。こちらEMAYAのマットバージョンで艶が抑えられ、落ち着ぁE雰囲気に。今かめE0年後E落ち着ぁE上品な服を選びそう・・・とぁE人はこちらEほぁE良ぁEもしれません、E/p>

MONTGENEVRE 定価EE05,200冁E/p>

ただし、いずれめE0年使ぁEもりであれば色は黒、グレーなど抑え目の色を選ぶと流行に左右されず後、E悔しなぁEしょぁEE/p>

丁EEアイチEのダウンベストとぁE選択肢も:GUI

一枚もってぁEと便利なダウンベスト。着回しの幁E庁Eカジュアルな着こなしからかっちりとした着こなし、さらにはスーチEE上から羽織るとぁEビジネス用にまで応用できる丁EEアイチE。さすがに極寒Eアウトドアには使えませんが、車移動が多い人めEそこまで寒い場所に行かなぁE、町での買ぁEなど、真冬でなければこれで十Eの場合が多く使ぁEすいアイチEです、E/p>

ここでおすすめしたぁEEがGUI、Ea href="?../item/mens/TIB.html">TIBと違いコンパクトで、E周りもすっきりしてぁEシンプルな仕上がりになってぁEす。あらゆる場面で使用できるダウンベストE主張しなぁEらいのもEがちめEど良ぁEす。値段もそこまで高くなぁEEで実E狙い目アイチE、E/p>

GUI 定価EE3,000冁E/p>

まとめE/h2>

サイズ選びは慎重に

中に重E着をすることなど老EEしなくてぁEのでサイズはジャストサイズ、もしくはワンサイズ小さぁEのを選ぶこと。これE趁E要Eイントです。モンクレールのダウンジャケチEはすっきりとしたシルエチEが作れますが、サイズが合わなぁEどぁEても野暮ったく見えます。サイズあわせE慎重に、E/p>

実店Eであれば試着できますが、ネチEだと試着できなぁEEが難点。ネチE通販で購入するのであれば返品交換できるショチEEを選びましょぁEそのような意味ではネットオークションは上級老Eきかと、E/p>

欲しいと思ったら買ぁEと

毎年のことですが、生産を限定してぁEモンクレールのダウンジャケチEは12月頁E買おうと思ってぁEも品刁Eで買えなぁEぁEことも多、E/strong>。サイズめEによっては10月時点で品Eれだって珍しぁEとではありませんので、気になってぁEもEを見つけたら抑えておきましょぁEE/p>